パリ 現地オプショナルツアー・アクテビティ予約

パリ 現地オプショナルツアー・アクテビティ予約

予約可能なプラン一覧

ワイナリーで昼食 ! 世界遺産ヴェズレーと銘酒白ワインの里シャブリ 1日観光

  • 割引料金あり
  • 即予約確定あり
  • 送迎付きあり
  • 日本語対応あり
  • 食事付きあり
  • 子供料金あり
総合評価 0.00 0件
口コミを投稿

辛口白ワインの代名詞シャブリワインの里シャブリと、世界遺産サント・マドレ-ヌ・バジリカ大聖堂があるヴェズレーを巡るブルゴーニュ地方観光のハイライト

旅行会社だからこそできた企画、「ワイン生産者(ドメーヌ)のもとで彼らの作ったさまざまなワインを試飲しながらの昼食」は、個人ではなかなかできない貴重な体験。個人では電車とバスを乗り継がなければいけないアクセスしづらい場所を[みゅう]バスがご案内します!ロマネスク彫刻の最高傑作として有名なサント・マドレ-ヌ・バジリカ大聖堂は巡礼の道の起点「聖なる丘」と呼ばれており、「ヴェズレーの教会と丘」という名でユネスコの世界遺産に登録されていいます。そして中世の面影がそのまま残ったヴェズレーの村はフランスの最も美しい村の1つにも選ばれており、中世に聖地巡礼に向かう多くの巡礼者が訪れて祈りをささげた歴史的価値の高い場所です。大聖堂に向かう坂道には巡礼路を現すホタテ貝のマークが埋め込まれているので、是非見つけてみては如何でしょうか。そして、銘酒と謳われる白ワインのシャブリを実際に作っている生産者の元で、試飲付きの昼食。フランスが誇る世界的に有名なワイン生産地はボルドーとブルゴーニュがありますね。よく一般的にいわれるのが、男性的なボルドーと女性的なブルゴーニュ。ボルドーはワインの女王、ブルゴーニュはワインの王とそれぞれたとえられています。歴史的背景の違いから、ワインの造り手のことをボルドーでは「シャトー」、ブルゴーニュでは「ドメーヌ」と呼ぶことが多く、その違いもワインの試飲の中にみつけることができるかもしれません。ボルドーワインはブドウの品種を複数ブレンドして造られるのが特徴ですが、ブルゴーニュワインは単一品種で造られることが多く、白ワインはシャルドネ100%、赤はピノ・ノワール100%、というものがほとんどです。しかしながらブルゴーニュ地方の地質と気候は非常に非常に複雑。同じ品種のブドウを栽培していても、数メートル先の土地では土壌成分が違い、また斜面の向きによって日照時間が異なるため、栽培された土地によって大きく異なった個性を持つワインが造られます。わずかな場所の違いでも土壌成分が大きく異なり、同じ村、同じ畑でも異なるブドウが栽培される、これがブルゴーニュワインの最大の特徴であり、ワイン好きを虜にさせる特性となっています。ブルゴーニュワインには4つの格付けがあり、この格付けは畑単位で決められています。特級グラン・クリュ、第1級プルミエ・クリュ、村名、そして地方名。生産者たちのワイン製造にかける熱い思いを聞きながらのテイスティングは貴重な体験になるでしょう。キメリジャン土壌から生み出される様々なランクのシャブリワインをテイスティングすることで、きっと自分好みのワインも見つかるはず。気に入ったワインが見つかれば、もちろんその場でお得な生産者価格で購入が可能です。ぶどう畑に囲まれた場所での昼食は、フランス旅行ならではの美しい思い出になることでしょう。

ツアー催行会社: MIKI TRAVEL (フランス) (TEL:[国番号:33] (0)1-4450-5454)

お気に入りに追加

予約可能なプラン一覧